スポンサードリンク

俺がトンネルの幽霊となってDQN達を脅かした話

カテゴリー: おもしろ

 トンネル

1:VIP:2014/02/08(土) 01:01:30.69 ID:qj88g1g40

高3の時の10月末だった。クリスマスに近づき、クラスのDQN共が彼女を作ろうと躍起になっていた。
その中の一つのグループが、男らしさを見せるために心霊スポットに行こうという話をしているのを休み時間に盗み聞いたんだ。

2:VIP:2014/02/08(土) 01:02:04.44 ID:ZGGPknHU0

とっとと成仏せい

6:VIP:2014/02/08(土) 01:03:43.39 ID:iccbBNsV0

早くした前

8:VIP:2014/02/08(土) 01:06:48.39 ID:qj88g1g40

それを聞いた俺は思った。「こいつら痛い目見ねえかな」と。

そんな話を昼飯の時友人のAに話すと
「脅かしてやりゃあいいじゃんwwwてかやろうぜwww」
みたいなことを言った。
そしてその週の土曜日、俺とAを含めた四人(俺、A、B、Cとする)が俺の家に集まった。

スポンサードリンク

10:VIP:2014/02/08(土) 01:09:43.70 ID:qj88g1g40

DQNたちは日曜日、ここらでは有名な心霊スポットの廃トンネルに行くとのことだった(盗み聞き情報)。
そのトンネルは女性の幽霊が出るとのことだったが、あいにく集まった中には女性はいなかった。

12:VIP:2014/02/08(土) 01:14:57.07 ID:qj88g1g40

そこで、まずどんな脅かし方をするかについて議論をすることになった
「とりあえずB、女装しろよ」
Cが言った。

が、あいにくにもCはゴリマッチョのラグビー部なのだ。確かにそんなの出てきたら怖いけど。
ちなみにその時、言い出しっぺながらも議論に参加してなかったAは、PS3でCOD4のオールギリードアップをやっていた。

13:VIP:2014/02/08(土) 01:18:28.33 ID:qj88g1g40

それを見ていたBは
「何この焦げ茶ムックみてーなやつ」
と、マクミランが視界に映るたびに言っていた。

俺はひらめいた。これで脅かせばいいじゃん、と。
俺とAはサバゲーをやっていて、ギリースーツは二着確保できたのだった。

【参考:ギリースーツ】
ギリースーツ

14:VIP:2014/02/08(土) 01:23:18.31 ID:qj88g1g40

作戦は決まった。
俺とBがトンネルの向こう側でギリースーツを着て待機。
A、C、Dはトンネルの手前側の両端にある雑木林に隠れ、DQNたちが来たら俺とBに携帯で連絡。

その連絡を受けたら、俺とBは奇声を発しつつDQNたちに向かって全力疾走するというものだった。

15:VIP:2014/02/08(土) 01:26:09.75 ID:qj88g1g40

翌日、作戦は決行された。DQNたちが何時に来るかまではわからなかったから、朝七時から待機していた。

見てる人います?

17:VIP:2014/02/08(土) 01:27:46.42 ID:T0dWaPgn0

見てる

18:VIP:2014/02/08(土) 01:29:52.04 ID:pCJPVK1f0

逆に見てないと思う?

19:VIP:2014/02/08(土) 01:30:55.38 ID:qj88g1g40

サンクス

Dと書いてしまったがミスだ。こいつが出てくるのはまだ後だ。

待つこと三時間ちょっと、十時過ぎにDQNグループが来た。
Aから、 「男3女2だ」 と連絡が入った。

ちなみにこの時Aは雑木林の奥に入り、スナイパーライフルのスコープで人を確認していた。
雰囲気を出したかったそうだ。

20:VIP:2014/02/08(土) 01:33:57.95 ID:qj88g1g40

正直この時俺は緊張を抑えずにはいれなかった。
もしDQNたちが逃げずに立ち向かって来たら、と考えると怖くて仕方がなかった。

しかし、DQNたちは俺が考えていたほど勇敢ではなかった。

21:VIP:2014/02/08(土) 01:38:15.15 ID:qj88g1g40

「えーなんかこわーいwww」
真ん中あたりまで来たのか、DQNが連れてきた女どもの声が鮮明に聞こえるようになってきた
「……いくぞ」
Bが言った。声の調子からしてBもそうとう緊張していたのだと思われる。

22:VIP:2014/02/08(土) 01:42:40.62 ID:qj88g1g40

「うゔぁあああああああ!!!」
みたいな感じの奇声を発しながら、俺とBは飛び出した。

暗かったのでDQNたちの顔は確認できなかったが、それでも彼らが驚いていることはしっかり確認できた。
DQN男子二名は無言で逃走し、DQN男子一名は
「ヤバイヤバイこれやべえって!!」
とか言いながらも女子二人の手を引っ張り逃げて行った。

23:VIP:2014/02/08(土) 01:45:40.85 ID:qj88g1g40

正直こんなにうまく行くとは思って無かった俺たちはしばらく呆然とし、そして大爆笑した。

後から監視係のCに聞いた話では、
「幽霊で無いとわかっている俺でもあの声は怖かった」
とのことだった。

24:VIP:2014/02/08(土) 01:52:33.92 ID:qj88g1g40

翌日、学校では予想通り廃トンネルの霊の話題が広まっていた。
「何か良くわからないものに襲われかけた」というのがDQNたちの見解だった。

学校帰りに見に行くというやつらがいたが、もちろん遭遇できなかったそうだ。
そこに、友人であるDが俺に
「今度見に行かないか?」
と誘いの言葉をかけてくれた。

その後の昼飯の時、Dを俺達のグループに迎え全てを打ち明けた。Dが仲間になった。

25:VIP:2014/02/08(土) 01:58:11.26 ID:qj88g1g40

翌週の日曜日、またしても俺たちはそのトンネルに集まった。
DとCはAから借りたスナイパーライフル(確かL96とVSR)を持っていた。

流石に今日は来ないだろう、と俺とBが持ってきた漫画(デスノート)を先週と同じ場所で隠れて読んでいた時だった。
Aから連絡が入った。

26:VIP:2014/02/08(土) 01:59:12.09 ID:8J4vOU9q0

見てるぞ

スポンサードリンク

28:VIP:2014/02/08(土) 02:04:50.09 ID:qj88g1g40

>>26ありがとう

27:VIP:2014/02/08(土) 02:00:57.16 ID:qj88g1g40

「誰かはわかんねえけど、見覚えあるから多分後輩だ。男三人だ」
男三人で心霊スポットって悲しいな。と思ったが俺たちも人のことは言えない。俺とBは飛び出した。

スポンサードリンク

28:VIP:2014/02/08(土) 02:04:50.09 ID:qj88g1g40

結果は先週と同じく、大成功だった。
ここまでうまく行くと逆に怖くなってきたwwとかAが言っていたが、俺も同じ心境だった。

そしてこの後四週間に渡って俺たちはトンネルに通った。Bはたまに部活で来れないことがあったので、その時はAが代役を務めた。

29:VIP:2014/02/08(土) 02:09:00.66 ID:qj88g1g40

そして四週間後、学校ではトンネルのことを知らないやつはいないくらい有名になっていた。
幽霊という説が濃厚だったが、中には狂ったホームレスとかいう説もあった。

そして同時に、恐れていた事態が起こった。学校集会で取り上げられてしまったのだ。

30:VIP:2014/02/08(土) 02:13:06.09 ID:qj88g1g40

正直俺たちは焦った。大事になるとは思っていたが、まさか集会で取り上げられてしまうとは思わなかったのだ。
学校側は「危ないから行くな」とのことだった。警察に相談が何とかかんとか、という言葉を聞いた時、生きた心地がしなかった。

31:VIP:2014/02/08(土) 02:18:15.66 ID:qj88g1g40

その週の土曜日、また俺の家に集まり、会議が開かれた。
Aは
「流石にやばくなって来たから、今週最後にしようぜ」
と言っていた。Cは
「てか今週も辞めとかね?」
反対したが、俺とBとDがAに賛成したため結局決行された。

32:VIP:2014/02/08(土) 02:22:27.55 ID:qj88g1g40

そして日曜日、俺たちは9時に集合した。誰かと出くわすことを恐れていたが、幸い誰とも遭遇せず所定の位置につけた。

待機すること二時間、Aから連絡が入った。その声は何故か焦っていた。
「やべえ! 先生達来やがった!」

33:VIP:2014/02/08(土) 02:25:31.96 ID:qj88g1g40

「何人だ?」
聞き返すとAは言った
「3人だ。E先生もいる」
E先生というのはラグビー部の顧問兼監督で、それをBに伝えたらBはすっかりビビってしまった。

34:VIP:2014/02/08(土) 02:29:38.95 ID:qj88g1g40

「なんとかして追い払えねえか?」
Bが俺の手から携帯を奪いAに言った。それにAはただ一言、「撃つわ」と返したらしい。

A曰く、あまり撃つとBB弾ということがばれてしまうため、一発しか撃たなかったそうだ。

35:VIP:2014/02/08(土) 02:34:35.37 ID:qj88g1g40

結果としてそれで追い払えたのだからよかった。
Aが撃った弾はEの後ろにいた先生の側頭部に直撃したそうだ。それで先生達はビビって帰ってしまったらしい。

それから俺たちは、卒業するまでそこに行くことはなかった。

37:VIP:2014/02/08(土) 02:38:30.89 ID:qj88g1g40

そして卒業後、俺たち五人はトンネルに集まった。思い出の場所で記念撮影をするためだ。

撮った写真には、バッチリ六人目の女性が写っていた。

38:VIP:2014/02/08(土) 02:39:05.82 ID:pCJPVK1f0

それが今の妻です

39:VIP:2014/02/08(土) 02:39:39.48 ID:qj88g1g40

おしまいです。拙い文章にお付き合い頂きありがとうございました。
ちなみに釣りではなく、事実です。

http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1391788890/

みんなの反応

1:ムック:2014/02/08 6:01:34

面白かった

2:名無しのおもしろさん:2014/02/08 10:09:35

嫁だよねぇ、ねぇ!

3:ケロイド:2014/11/17 15:08:59

俺も今度やろうかなww

4:名無しのおもしろさん:2015/03/17 21:44:39

面白かった
こういう話の映画作られないかな

コメントフォーム
お名前
コメント