スポンサードリンク

Amazonで買ったオナホが届いたぞwwwwwwwww

カテゴリー: マジキチ, 笑える

1:VIP:2013/03/22(金) 14:57:49.67 ID:zdohTbbYO

今から使うぞ
オナホ amazon

2:VIP:2013/03/22(金) 14:58:04.83 ID:iNeugHCI0

はよ

3:VIP:2013/03/22(金) 14:58:08.72 ID:fr18ZpZP0

おう

4:VIP:2013/03/22(金) 14:58:39.25 ID:EvD8as7z0

期待

スポンサードリンク

7:VIP:2013/03/22(金) 15:01:55.40 ID:zdohTbbYO

さて中身はなんでしょう

買ったのはこれが2つ目だ
1つ目はTENGAで使い捨てだったから初の保存版だ

10:VIP:2013/03/22(金) 15:02:51.47 ID:EvD8as7z0

スピード上げろ

11:VIP:2013/03/22(金) 15:04:33.00 ID:8m/5d8Ux0

遅えな

12:VIP:2013/03/22(金) 15:05:37.37 ID:zdohTbbYO

オナホ
今から開ける

14:VIP:2013/03/22(金) 15:09:17.01 ID:zdohTbbYO

オナホ

フルフルベビーを思い出すわ
隣にじいさん入ってきたからちょっと待て

16:VIP:2013/03/22(金) 15:10:47.51 ID:lXkdUoau0

どこでやってんだよ

17:VIP:2013/03/22(金) 15:11:55.27 ID:9YnCH8/a0

公衆便所にでもいるのか?

18:VIP:2013/03/22(金) 15:12:59.70 ID:AA2Igxic0

ローソンにもらいにいって帰りの駅のトイレで開ける>>1

19:VIP:2013/03/22(金) 15:13:17.92 ID:zdohTbbYO

ん、まあ外にいる
遅くて悪いな、使ってみるから10分待ってろ

22:VIP:2013/03/22(金) 15:18:15.41 ID:zdohTbbYO

ちょくちょく人が来るな
まったく

23:VIP:2013/03/22(金) 15:19:30.04 ID:UEjH1xLe0

この手のスレのモォー娘率は異常だな

24:VIP:2013/03/22(金) 15:20:22.31 ID:zdohTbbYO

あぶねーカギ閉まってなくて開けられそうになったわ

コンドーム装着完了っと

29:VIP:2013/03/22(金) 15:32:35.24 ID:Aocrby2r0

オナホでゴムとか
冒涜もいいところ

25:VIP:2013/03/22(金) 15:23:09.45 ID:zdohTbbYO

なんでまた隣に入るんだよこの野郎

26:VIP:2013/03/22(金) 15:24:31.67 ID:9YnCH8/a0

家でやれよ

27:VIP:2013/03/22(金) 15:30:54.44 ID:zdohTbbYO

すげえ手とは違うな
まとわりつく感じがいい

うひょう

28:VIP:2013/03/22(金) 15:31:25.40 ID:DJ7R0ght0

俺も初オナホ注文して全裸待機中だわ

30:VIP:2013/03/22(金) 15:33:44.01 ID:zdohTbbYO

ふぅ…

31:VIP:2013/03/22(金) 15:34:37.18 ID:E1wKYEfL0

感想はよ

35:VIP:2013/03/22(金) 15:38:22.77 ID:0iQ6ngo1O

奇遇だな
俺も今日届いたんだ

38:VIP:2013/03/22(金) 15:43:49.11 ID:j7MsUoRI0

>>35
奇遇だな
実は俺も今日届いた

39:VIP:2013/03/22(金) 15:44:50.75 ID:zdohTbbYO

さて、待たせて悪かったな
感想にするか

入れたときは え?入ったの? ってくらい抵抗がなかった。そんなに気持ちよくもない
で、奥まで入れてみる。うん、包まれる感じはするけどなんか足りんな…
それで俺はオナホをギュッと握ってみた。そしてチ○ポを出し入れする!うひょう!
これだ!これと戦うために俺はオナホが欲しかったんだ!!すなわちヒダの絡み付き、チ○ポのカリを刺激する膣内快楽!!
ジュポジュポジュポジュポジュポッ…!

っ!!

……ふー

そんなオナホでした。姉ちゃんに感謝しないとな…

44:VIP:2013/03/22(金) 15:48:25.85 ID:j7MsUoRI0

>>39
姉ちゃんなんなんだよ

46:VIP:2013/03/22(金) 15:50:49.87 ID:zdohTbbYO

>>44
聞きたいか?
実はこのオナホはさ、俺の姉ちゃんの死と引き換えに手に入れたものなんだよ
姉ちゃんとな…

41:VIP:2013/03/22(金) 15:46:33.13 ID:zdohTbbYO

あと温めてないからな、気分は死姦かな
次は熱湯で温めて使ってみよう

43:VIP:2013/03/22(金) 15:47:59.70 ID:mYIlbMRI0

公衆便所でおなったの?

46:VIP:2013/03/22(金) 15:50:49.87 ID:zdohTbbYO

>>43
ああ
俺には帰るべき家がもうないからな

48:VIP:2013/03/22(金) 15:52:22.76 ID:EvD8as7z0

怖い

49:VIP:2013/03/22(金) 15:53:07.86 ID:hSgBl6PU0

なんかしらんがこの人怖い

50:VIP:2013/03/22(金) 15:53:29.07 ID:P5yXGGyp0

家も姉ちゃんもいなくなったなら死ぬしかないな

52:VIP:2013/03/22(金) 15:54:41.29 ID:xGlwWWCO0

オナホスレかと思ってきたのに
ナニコレ?

54:VIP:2013/03/22(金) 15:58:55.92 ID:zdohTbbYO

あれは俺が12歳だった時のこと
今でも昨日のことみたいにはっきりと思い出せる

12歳だった俺は、レインハートの軍によって牢獄に捕らえられていた…

55:VIP:2013/03/22(金) 16:06:05.76 ID:zdohTbbYO

地下の牢獄は狭っ苦しく、湿っぽくて、ゴキブリやウジがたくさん湧いていた
眠っていると口元にゴキブリが集まってくる
牢の中を歩けば必ずウジの集団をブジュッと踏みつぶす
そんな環境で、俺は2ヶ月過ごした

57:VIP:2013/03/22(金) 16:12:42.56 ID:zdohTbbYO

日に三回、牢番が俺のところへ食事を持ってくる
どれもこれも素晴らしい匂いで、香辛料がよくきいていて、出来たばかりで
湯気がもうもうとたっているような、最上級の食事ばかりだった

牢番はかわいらしい女の子。たぶん俺と同い年くらいのその女の子の頭には、二本の小さなツノがあった
女の子が俺の牢の「食事入れ口」からたっぷり食事をのせたトレイを差し入れてくれる

「はい、どうぞ♪がんばってつくったんです!さ、食べてください!」

俺は美味しそうな食事をちらっと見る。腹の虫がそれを食いたいと大騒ぎする。だが、食えない
食ってはいけないのだ
俺はトレイを蹴っ飛ばしてひっくり返した

「あっ・・・」

女の子は悲しそうな顔をして、去っていった

58:VIP:2013/03/22(金) 16:15:58.66 ID:M6ntRnuc0

なんか始まったぞ

59:VIP:2013/03/22(金) 16:17:45.11 ID:9YnCH8/a0

公衆便所で楽しそうだな

60:VIP:2013/03/22(金) 16:19:55.30 ID:zdohTbbYO

しばらくして女の子がモップとちり取りを持って戻ってきた
床に散らばった食べ物をちり取りに集めていく
俺は食事入れ口の前でそのようすを凝視していた

ふと女の子がそれに気づいて、床から美味しそうなからあげをひょいと拾って、俺の目の前にそっと出した
女の子がにこっと笑う

「無理しないで・・・食べますか?」

俺は歯を食い縛る。からあげの匂いが鼻をくすぐる

いけない。からあげを頭から消せ!

俺は無理やり後ろを向いた。女の子はしばらく静かだったが、やがてため息をついてまた掃除をはじめた

掃除が終わると、女の子はミニスカートのお尻を払って、俺に笑いかけた

「食べたくなったらいつでも言ってくださいね♪食事でも、・・・私でも!」

かわいらしい女の子は、そう言って去っていく
俺は目の前にある食べ物を食えないのがたまらなく苦しかった

72:VIP:2013/03/22(金) 16:32:27.94 ID:+OPdnUDI0

>>60
おい






おい

62:VIP:2013/03/22(金) 16:21:34.31 ID:C93AaImP0

これがオナホを使った代償か

63:VIP:2013/03/22(金) 16:22:38.03 ID:EvD8as7z0

どうしたどうした

64: 忍法帖【Lv=37,xxxPT】(1+0:15) :2013/03/22(金) 16:22:52.38 ID:IHbVpPEU0

これって賢者モードっていうんですか?

65:VIP:2013/03/22(金) 16:24:12.05 ID:TBUyK0lO0

え?なにこれ

67:VIP:2013/03/22(金) 16:25:16.88 ID:zdohTbbYO

やつらは宇宙人、レインハートの軍
ある日突然空から降りてきたと思うと、村のみんなに友好的な笑顔を向けて、食事の準備を始めた
バーベキューが始まり、あたりに見たこともかいだこともないような美味しそうな食べ物が
焼けて香ばしい匂いをまきちらし始めた

宇宙人のひとりが、良かったらあなたがたもどうぞ。皆さまおいでください
そう言った

村のみんなは、こんな食事は食べたことがない、と絶賛した
あの宇宙人たちが持ってきた食べ物は見た目も味も素晴らしいようだった

俺はその食べ物を食ったみんなが怪物に変身していくのを離れて見ていた

68:VIP:2013/03/22(金) 16:25:33.31 ID:XCGM0Vyq0

おいおいどうしちゃったんだ?

69:VIP:2013/03/22(金) 16:30:52.96 ID:yDHyPxJE0

一体何が起こってるんだってばよ…………

70:VIP:2013/03/22(金) 16:31:55.39 ID:zdohTbbYO

その怪物は巨大なナメクジから腕が生えたような、ひどい見た目だった
俺は吐き気をこらえた・・・が、あの食べ物の匂いを嗅ぐと、食べて怪物になろうがどうでもいいような気がしてきた

俺は怪物たちの輪の中にフラフラと近づいていった
もう村のみんなは宇宙人の着地した中央広場にあらかた集まっていて、
一心に食べ物をむしゃむしゃむさぼっていた。目が血走っていた

しばらくすると、広場は巨大ナメクジで埋め尽くされた
巨大ナメクジは口から触手を出して食べ物を捕食してゆく

俺が巨大ナメクジの一匹を押しのけて中に入ろうとしたとき、誰かが俺の腕を引っ張った

「リュウ君しっかりしなさい!逃げるわよ!」

俺の姉ちゃんだった

74:VIP:2013/03/22(金) 16:35:16.21 ID:mYIlbMRI0

何があったんだよ

75:VIP:2013/03/22(金) 16:37:36.59 ID:zdohTbbYO

俺は姉ちゃんに連れられるまま、村の裏山の中腹にある『雫のほこら』まで走ってきた

もやがかかったような頭の中が、走っているうちにスッキリ晴れていった

「姉ちゃん!あ、ありがとう・・・!俺、なにを・・・」

「あなたはまだ食べていなかったのね。良かった、間一髪だったわ」

姉ちゃんがほっと一息つく

「姉ちゃん、あいつらはなに!?なんでみんな怪物になっちゃったんだ!?姉ちゃんは今までどこに――」

姉ちゃんは俺の口で、人差し指をぴっと立てて、微笑んだ

「あわてないで。一つずつ順を追って話すから。あの空から降りてきた連中は――宇宙人よ」

78:VIP:2013/03/22(金) 16:42:46.45 ID:c5JY4SUg0

逝ったわこれ

スポンサードリンク

79:VIP:2013/03/22(金) 16:43:04.04 ID:zdohTbbYO

「う、宇宙人!?どうして分かるの・・・?」

「リュウ君、落ち着いて聞いて。あいつらはどう見たって地球の人類じゃないわ。
着ている服も、使っている道具も、見たことがないような形状ばかりよ。
確かめようと望遠鏡で広場の上空を見たらね・・・ほら」

姉ちゃんが一枚の写真を差し出す。そこには巨大な円盤が、宇宙船が映っていた。おそらく長さ一キロ以上の・・・

俺は生唾をのみ、事態の大変なことを理解し始めていた

83:VIP:2013/03/22(金) 16:46:35.84 ID:zdohTbbYO

「あいつらの食べ物を食べるとナメクジにされるのよ。見てて分かったでしょ?
あの匂いがくせ者ね。あれはフェロモンみたいに人を引き寄せる効果があるみたい」

「でも、あいつらは一体何しに・・・」

姉ちゃんが俺の目をじっと見た。相変わらず綺麗な切れ長の目だった

「侵略・・・じゃない?リュウ君、逃げるわよ」

その時背後から声が聞こえた

「残念だが、君たちに退路はない」

85:VIP:2013/03/22(金) 16:50:26.02 ID:zdohTbbYO

俺と姉ちゃんがばっと振り返ると、マントを着た宇宙人が立っていた
体格がよく、地球の基準で言ってもイケメンの男。手にはサーベルを握っていた

「君らのお仲間はもうみんな我々の保存食に形態変化したよ。君らも早く来るといい。
この星に長居をするつもりはないのでね」

俺を制し、姉ちゃんがずいっと前へ出た。きっとした表情が惚れ惚れするほど美しかった

「あんたたちは何なの、どうして私たちを襲うの」

87:VIP:2013/03/22(金) 16:54:14.29 ID:zdohTbbYO

宇宙人男がふっと笑う

「なに、ただの食料調達だよ。侵略なんて面倒なことはしない、ただここらの生き物を、特殊フードで
保存食形態にグハッ!!」

男はみなまで言えなかった。姉ちゃんが目にも止まらないハイキックで男の頭を撃ち抜いていた
男の体がドサリと倒れる

「リュウ君、逃げるわよ!」

姉ちゃんが長い髪を振って振り返り、俺の手をとる
温かくて、頼もしい姉ちゃんの手だった

88:VIP:2013/03/22(金) 16:57:39.94 ID:EzkuTmHM0

もしかして
公衆便所でオナると
何か妄想を語らないといけないとか
約束事があるの?

89:VIP:2013/03/22(金) 17:01:36.72 ID:zdohTbbYO

俺たちは走って、走って、走って、川の橋の下に身を隠した
川と言っても、幅はせいぜい10メートル、したがって橋の下も狭かった
俺と姉ちゃんは体をぴったりくっつけて隠れる。姉ちゃんの髪の香りが鼻をくすぐった
俺は不安で姉ちゃんを見やる。生徒会長もつとめる姉ちゃんは頭もよく回った

「姉ちゃん、これからどうするの?」

「どこかの家から、警察へ連絡するわ。他のみんなはナメクジになっちゃったから、
テロリストに占拠されましたとでも言えばいいわよ」

俺はうなずいて、姉ちゃんの指示を待った

「行くわよ」

こっそりと、川に沿って近くの民家に近づく・・


「いたぞ!!」

びくっとして振り向くと、後方に宇宙人たちが何人も走ってきていた

90:VIP:2013/03/22(金) 17:05:33.88 ID:zdohTbbYO

宇宙人たちはみな手に手にサーベルを持っていた。かなうわけないのはわかりきっていた
それでも、姉ちゃんはくるりと振り返り、俺の背中を民家の方へ押した

「行くのよリュウ!警察へ知らせて、早く!!」

「でも、姉ちゃんが!」

「私は平気!強いのよ!さあ早く行きなさい!!」

構える姉ちゃん。俺はうなずき、走る。50メートル、9.0秒の俺は、自分の足の遅さがもどかしくて仕方なかった

92:VIP:2013/03/22(金) 17:11:21.84 ID:zdohTbbYO

バシィ!

後ろから打撃音が聞こえてくる
俺は民家の開いていた窓から土足で中に入り、電話を探した

足音はまだ遠い。姉ちゃんが足止めしてくれているようだった

「電話・・・電話を・・・!」

俺は家の中を走り回り、廊下の奥に電話を見つけた
ダッシュで受話器に飛び付き、110を押す

たのむ、出てくれ・・・!

『はい、警察で』プツン

・・・見ると、宇宙人の男が目の前で電話線を引きちぎっていた
男は勝ち誇った笑みを浮かべている

「チェックメイトだ、坊や」

さっきの男とは違ったが、そいつもイケメンだった
俺は男の手にしたサーベルに目をやり、両手をあげた

姉ちゃんは、無事だろうか・・・

95:VIP:2013/03/22(金) 17:17:43.54 ID:zdohTbbYO

俺は気が付くと牢獄にいた

宇宙船の地下にある牢獄に。彼らは俺たちを殺さずに、宇宙船の牢獄に入れたのだった

牢番の女の子と話をするうちに、この宇宙人たちの実体が見えてきた
今は他の星に侵略にいくところで、食料が足りなくなりそうだったため、地球人に
特殊フードを食べさせて、非常食用のナメクジに姿を変えて宇宙船の食料庫に入れたのだそうだ

俺は何日で折れて特殊フードを口にするか、という賭けの対象にされているらしく、毎日毎日女の子が食事を運んできた
あの魅惑の匂い、危険な食べ物を調理したものを

俺は堪えた。牢屋に出てくるネズミやクモを食って生き延び、食事には一切手をつけなかった

姉ちゃんを一人残して、ナメクジになるわけにはいかなかったから

97:VIP:2013/03/22(金) 17:24:08.62 ID:zdohTbbYO

牢番のかわいらしい女の子にたずねる

「おい、姉ちゃんは無事なのか教えてくれ」

だがそう言うとその子はいつも、唇を尖らせてぷいっとそっぽを向いてしまった

「ふん!いいじゃないですか、あんな女のことは忘れちゃってください!」

「ふざけんな!姉ちゃんもここにいるんだろ!?」

「いますよ。いますけど・・・」

女の子は悔しそうな顔で、たわわな胸に手をやる

「なんで私より・・・」

女の子は地球の基準で言っても相当可愛かった。そのうえ、これから死ぬ運命しかない俺をあわれんで
こんなことも言って誘ってきた

「死んじゃう前に、どうですか?私の体、ほしくないですか?」

谷間の見える服にミニスカート。かわいらしい顔。なにもない暗い牢屋では、それはひどく魅力的な誘いだった

98:VIP:2013/03/22(金) 17:27:10.02 ID:c+sazaDy0

なんだこのとんでもないスレ

99:VIP:2013/03/22(金) 17:27:18.70 ID:zdohTbbYO

しかし、俺は堪えた
俺は初めてヤるのは姉ちゃんとだと約束していたから

「悪いな。乗り気じゃないんだ」

俺は女の子の開けた胸元や太ももを凝視しながら答える

そんな日々が、二ヶ月続いた。そして、あの日

牢番ではなく、ボロボロの姉ちゃんが牢の前に来た

「姉ちゃん!」

「無事ね。助けに来たわよ」

100:VIP:2013/03/22(金) 17:32:18.09 ID:zdohTbbYO

姉ちゃんは掌底で牢の檻を叩き折った

「リュウ・・・!」

姉ちゃんが安心したのか泣きそうな声で、俺をぎゅっと抱きしめた
あの女の子よりも大きな胸が顔に押しつけられる
全身が火のように熱くなった

「姉ちゃんこそ、大丈夫だったの?」

「うん、大丈夫。ネズミを食べて凌いでたわ。さ、地球に帰るわよ!」

「帰るって、どうやって」

姉ちゃんは操縦室に向かって走り出していた

101:VIP:2013/03/22(金) 17:34:17.44 ID:oWZNW5jm0

どこの世界のはなししてるんだ

102:VIP:2013/03/22(金) 17:42:48.04 ID:zdohTbbYO

操縦室に飛び込んだ姉ちゃんは、あっという間にそこにいた2人の宇宙人を倒した
俺と姉ちゃんは操縦席につく

「こんなの・・・いくら姉ちゃんでも宇宙船の操縦なんて・・・!」

「リュウ、そこの緑のボタンを押したら青のレバーを引いて。地球にワープできるわ」

半信半疑で、俺はその通りにした。すると

ピカッ

「うっ!」

あたりがまばゆい光に包まれ・・・俺たちは・・・帰ってゆく・・・・・

103:VIP:2013/03/22(金) 17:48:57.73 ID:zdohTbbYO

目を開けると、地球にいた
元の村に戻ってきていた

「やった!すごい、姉ちゃん帰れたよ!」

「わたしに不可能はないのよ」

姉ちゃんが得意気に笑った。しかし、その笑顔もすぐに凍りつくことになる

俺たちのすぐ後ろに、宇宙船が着陸したのだ
宇宙船から将軍が降りてくる。怒り心頭の顔だ。彼は、レインハート。最強の男だ

「愚かな奴らよ。この俺から逃げ切ることはできぬ」

「そうかしら?」

不敵に笑うと、姉ちゃんは懐から小型原子爆弾を取り出した。宇宙船で手に入れたものだ
レインハートの顔がひきつる

「そんなもの、お前ごと吹き飛ぶぞ。その小僧もだ、正気か」

「ええ・・・これは勝機よ」

言うなり、姉ちゃんは俺に笑いかけた。そして、俺を崖へ突き飛ばす

「うわぁぁぁあああああ!!」

落ちてゆくなか、姉ちゃんの笑みが見えた。俺は気を失った

104:VIP:2013/03/22(金) 17:53:25.20 ID:zdohTbbYO

そして、俺が目を覚ましたときには、すべてが焼け野原になっていた

宇宙船も、村も、広場も・・・姉ちゃんも跡形もなくなくなっていた

姉ちゃんは小型原子爆弾によって、あの宇宙人たちを消し去ったのだ
自分の命と引き換えに

たとえようもない孤独と絶望が俺の腹の底から突き上げた!

「うぉぉおおおおぉぉぉおおおおぉぉぉぉぉおおおおぉぉーっ!!!!!!!!」


俺は、涙が海となるまで、七日七晩泣き続けていた
空では、星と月が静かに輝いていた

106:VIP:2013/03/22(金) 17:58:39.25 ID:zdohTbbYO

姉ちゃんの命の上にこの地球は存在している
みんなを姉ちゃんが救ってくれたんだ

そのことを俺は絶対に忘れない

一度もヤることができなかった姉ちゃんを思って、今日も俺は、チ○ポでオナホを突き上げるのだ
亡き、パーフェクトな姉ちゃんの素敵なマ○コを夢見て・・・

113:VIP:2013/03/22(金) 18:07:00.24 ID:9YnCH8/a0

楽しかった
thx

122:VIP:2013/03/22(金) 18:18:24.92 ID:J9xdstQ00

微妙に文章うまいのが腹立つ

124:VIP:2013/03/22(金) 18:20:01.51 ID:SnnIg7NZ0

なんなんだよこいつwww

141:VIP:2013/03/22(金) 18:59:20.12 ID:zdohTbbYO

人はみな

なんのために生きるのだろう…

142:VIP:2013/03/22(金) 19:00:37.22 ID:zdohTbbYO

みんな



しあわせにな!

143:VIP:2013/03/22(金) 19:02:21.39 ID:NscqTJtk0

いったいなんだったんだ

144: 忍法帖【Lv=27,xxxPT】(1+0:15) :2013/03/22(金) 19:05:31.47 ID:pm2QbZRO0

なんかワロタ

139:VIP:2013/03/22(金) 18:51:11.98 ID:gFqUJlcP0

斬新なスレだな

みんなの反応

1:名無しのおもしろさん:2013/03/29 15:36:32

いろんな意味でいっちまったな

2:名無しのおもしろさん:2013/06/22 19:00:16

真の賢者モードか…

3:名無:2013/07/08 21:52:39

クッソワロタwwwwwww

4:名無しのおもしろさん:2013/07/29 3:22:14

神スレ

5:名無しのおもしろさん:2013/09/12 13:52:55

普通に内容が惹きつけられるのが悔しい

6:名無しのおもしろさん:2013/10/08 21:54:17

クソワロタ乙ww

7:くぁwせdrftgyふじこlp;@:2013/10/11 16:19:15

名前が同じだった件についてwww

8:名無しのおもしろさん:2013/11/02 18:13:17

W

9:名無しのおもしろさん:2014/06/16 17:59:19

くそww不覚にも惹き付けられてしまったwwwww

10:名無しのおもしろさん:2014/10/30 20:30:59

イイハナシダナー

11:名無しのおもしろさん:2014/11/12 14:15:28

ん?…………ん!!!!!!?

12:名無しのおもしろさん:2014/12/25 3:37:46

ワロタww乙

13:ドッキュンDQN:2015/01/12 15:14:44

「ええ・・・これは勝機よ」←うまい

14:名無しのおもしろさん:2016/02/07 17:48:27

俺も勝機のとこ好き

15:名無しのおもしろさん:2016/07/15 10:49:03

これは神スレ!私は女だが、こんな斬新な書き方する人…惚れた!天性の思考回路!是非会ってみたい!

コメントフォーム
お名前
コメント