スポンサードリンク

妹と普通に寝た話

カテゴリー: おもしろ

妹

1:VIP:2013/02/24(日) 18:34:51.01 ID:q1SJW3S60

親が仕事で帰ってきていなかった時。
いつもの通りネットサーフィンをしていた俺の元に、
「眠れない……」
と、枕を抱えた妹がやってきた。

2:VIP:2013/02/24(日) 18:35:28.66 ID:yArfMNEo0

妹何歳?

5:VIP:2013/02/24(日) 18:43:06.27 ID:q1SJW3S60

>>2
10歳

元々2階で洗濯たたんでた上の妹が「さっさと寝ろ!」
ってその10歳の妹に対して言ってた。
その中俺は無視してパソコンに向かってた訳だけれど。
そしたら、下の妹が部屋の戸をノックしてきた。

4:VIP:2013/02/24(日) 18:36:10.38 ID:km3XYxC80

タイトル教えて

スポンサードリンク

7:VIP:2013/02/24(日) 18:57:50.38 ID:q1SJW3S60

「眠れない……」
正直中学一年生の妹が五月蝿かったから、俺は無関心に、
冗談半分に「じゃあ俺のベッドで寝るか?」って言ってみた。
正直のところ、こう2ちゃんを閲覧しているわけだし、
正確には無関心を装ったktkr状態だったのだが……。

9:VIP:2013/02/24(日) 19:02:04.93 ID:q1SJW3S60

いつもは強気で小生意気なことしか言わない、ガキンチョなんだけれど、
やっぱり夜は怖いのか珍しくしおらしくて──
「うん……」
半ば冗談の俺の助け舟に、妹は小さく肯いた。

10:VIP:2013/02/24(日) 19:06:28.17 ID:Oi15yUU70

かわい

11:VIP:2013/02/24(日) 19:08:38.99 ID:q1SJW3S60

俺は少し動揺した。
それでも「あっそ、俺まだ寝ないから先に布団入ってろ」
と俺は、適当を装いつつあしらった訳で……。
一段目が机、そして二段目がベッドという家具を使っている俺は、
無理やりに眠そうな妹を上へ誘導させ、
そしてそのまま俺は、妹が寝るまで黙ってネットサーフィンを続けた。

12:VIP:2013/02/24(日) 19:13:49.16 ID:q1SJW3S60

しばらく上のベッドはゴソゴソいっていた。多分なかなか寝付けなかったんだろう。
下ではカチカチ、上ではゴソゴソ──
またしばらくすると、ベッドの揺れは収まって、
「スー……スー……」
と、妹の寝息が聞こえてきた。とりあえず俺は小さく嘆息した。

14:VIP:2013/02/24(日) 19:19:45.96 ID:q1SJW3S60

それから、友人と通話。
妹いるやつは判ると思うけど、妹を想う気持ちなんてこんなものだ。
普通に夜中まで談笑した俺は、時計の針が2時をさしていることに気付いて、
トイレだけ済ませ、二段目のベッドに上がった。

16:VIP:2013/02/24(日) 19:26:46.45 ID:q1SJW3S60

季節は冬。あろうことか、妹には掛け布団がかけられていなかった。
何考えてんだ……と、お前は暑がりなのか? と。違うだろ妹。
実際妹は身体を小さくしていた。

17:VIP:2013/02/24(日) 19:28:28.23 ID:Oi15yUU70

たのしみ

20:VIP:2013/02/24(日) 19:31:59.43 ID:q1SJW3S60

俺は少しだけ、ゆっくりと妹を横に移動させ、それから布団を被せた。
俺も図体は平均並みだし、一人用のベッドに二人……。
その日は布団を被らずに、俺は小さくなって眠った。
その中──唯一暖かかったのは、背中同士でくっつく妹ぐらいだった。

21: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:15) :2013/02/24(日) 19:32:46.08 ID:UbEUXYvi0

なんてエ口ゲ?

22:VIP:2013/02/24(日) 19:32:46.72 ID:WrEGV6AU0

続きはよ

23:VIP:2013/02/24(日) 19:34:43.40 ID:q1SJW3S60

朝、何故か俺は5時半頃に目を覚ました。
俺が起きると妹も、
「ん……んん」
と寝返りをうちつつ、目を覚ました。
その日は、妹のバスケの遠征だったらしい。

24:VIP:2013/02/24(日) 19:35:41.11 ID:KuND/pBZ0

寒いなら2人とも裸で寝ればいいじゃない

28:VIP:2013/02/24(日) 19:38:17.30 ID:q1SJW3S60

俺が「おはよ」と言うと、
「ん……おふぁよ……」
妹は目を擦りながら返答した。
ここらへんは脳内イメージが脚色されているかもしれないが、
まあご愛嬌。
一階では、すでに母親がバスケ遠征の準備に取り掛かっていた。
「ほら、行け」と俺が肩を押すと、
妹は「うん……」と言って二段目のベッドを下りていった。
まだ、眠たそうだった。

29:VIP:2013/02/24(日) 19:42:31.54 ID:q1SJW3S60

俺はそれだけ言って限界。定番の二度寝へと洒落こんだのだった。

夕方、妹が母親と帰ってきた。
通常モードに戻ったのか、
俺が「おかえり~」と言ってもそっけなく「ただいま」と言う始末。
この野郎と思いつつも、兄としての尊厳が揺らいでいると思いつつも、
俺は平常心を貫いた。

30:VIP:2013/02/24(日) 19:43:18.84 ID:VNt3v2wa0

…続けたまえ

32:VIP:2013/02/24(日) 19:45:17.86 ID:4zxtweLg0

なんかいいな

33:VIP:2013/02/24(日) 19:48:18.70 ID:q1SJW3S60

すると上の妹が、
「昨日寝れなくて>>1くんのベッドで寝た癖に~」
と妹をいつものように茶化した。
言い忘れていたが、妹2人は俺のことを〝>>1くん〟と名前呼びするのだ。
すると妹は少し口ごもった後「別に怖くなんてなかったし!」
と上に言い返した。いつもの姉妹喧嘩が始まった。
俺は、
(それにしてもこの我が妹、ツンデレである)
とくだらないことを考えながら、それを傍観していた。

スポンサードリンク

34:VIP:2013/02/24(日) 19:49:42.75 ID:CxoBWtGM0

上の妹も実は1人が怖かった展開希望

35:VIP:2013/02/24(日) 19:53:00.69 ID:q1SJW3S60

「朝だって自分で起きれたし! >>1くん寝てたし!」
妹がよく分からないところで威張りやがり、
「おいおい違うだろ、先に起きたのは俺だ」
と俺は口を挟んだ。言い合いに俺も介入した瞬間だった。
結局俺が折れてやったのだが、
どうやら妹は自分のいいように記憶を改変させているらしい。
恐ろしいやつ、学校で大丈夫だろうな……と少し心配した。

36:VIP:2013/02/24(日) 19:54:58.18 ID:veJzB7BZ0

だけど一番恐ろしいのは、
俺には妹なんていなかったって事なんだ

39:VIP:2013/02/24(日) 19:59:34.45 ID:q1SJW3S60

そしてこの話のオチ。
風呂から上がった俺は、リビングでゲームをしていた妹を発見した。
「今日も一緒に寝るか?」
そう、何気なく俺は訊いた。その日は母親は家にいたのに。
答えなんて分かっているのに──
「絶対に、やだっ!」
妹は嫌味たっぷりにそう俺に返した。そりゃそうだよな……。
「あっそ」と俺は小さく呟き、2階へ上った。
まるでアニメのような、アニメではない一日だった。

                     完

41:VIP:2013/02/24(日) 20:02:40.34 ID:P4DZmkPk0

>>39
妹可愛すぎ
















お兄様、僕に妹をくれさい

43:VIP:2013/02/24(日) 20:05:38.23 ID:q1SJW3S60

>>41 絶対に、やだっ!


将来の夢は妹に歯磨きプレイをすることなんだすまんな。

47:VIP:2013/02/24(日) 20:08:40.70 ID:NB/31UVE0

>>43
そのために下の妹には、浴衣を着させて、上の妹は滝のような汗をかいたジャージになってもらわねばな。

45:VIP:2013/02/24(日) 20:06:06.43 ID:VNt3v2wa0

まだ>>1が枕持って妹の部屋に行くって手がある

46:VIP:2013/02/24(日) 20:07:44.69 ID:ho2KTYgC0

(これ以上好きなっちゃいたくないし)絶対にヤダ!

48:VIP:2013/02/24(日) 20:09:49.15 ID:q1SJW3S60

まあエ口とかなしの実話だけど、楽しんでもらえたなら良かったwww

見てくれた人ありがとう、いつか歯磨きプレイ話で会おう。
一生無理な気もするけど……。

42:VIP:2013/02/24(日) 20:05:08.22 ID:vjqfv5Yi0

かわいい妹さんですね義兄さん

みんなの反応

まだコメントはありません。

コメントフォーム
お名前
コメント